PixelValue

PixelValue[image, {x, y}]
位置における image の画素値を与える.

PixelValue[image, {xmin;;xmax, ymin;;ymax}]
座標範囲がからまでの画素の値を与える.

PixelValue[image, {x, y}, "type"]
指定のタイプに変換された画素値を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 画像が幅 w で高さ h であるなら,PixelValue[image, {x, y}]における x の値はから w+0.5までの範囲で,y の値はから h+0.5までの範囲である.
  • 整数座標は画素の中心に相当する.位置は画像の左下コーナーの画素の中心を表す.
  • 3Dでは,画素位置は左下手前の画素の中心に相当する.
  • PixelValue[image, {xp, yp}]では,位置は点に相当する.は,x が0から width までで y が0から height までの標準的な画像座標系にあると想定される.画素位置は左下コーナーの画素の中心を表す.
  • PixelValueに最も近い画素の値を与える,
  • PixelValueに最も近い画素の値を与える.位置が画素と画素の境界に当る場合はを囲んでいる画素の平均が返される.
  • ImageValueを使って画像の座標における補間値を抽出する.ただし,x は0から width まで,y は0から height までとする.位置は画像の左下のコーナーに対応する.
  • PixelValue[image, {{x1, y1}, ...}]を使って複数位置の画素値を得ることができる.
  • PixelValue[image, {x, y}]はデフォルトで0から1までの値を返す.PixelValue[image, {x, y}, "type"]を使うとで指定された範囲の画素値が返される.Imageのページに使用可能なすべてのデータタイプのリストがある.
  • PixelValue[image, {x, y}, Automatic]PixelValue[image, {x, y}, ImageType[image]]に等しい.
  • PixelValueは指定された位置が画像の外側にあるときに使われるPaddingオプションを取ることができる.
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »