Plot

Plot[f, {x, xmin, xmax}]
から の範囲の の関数として のプロットを作成する.

Plot[{f1, f2, ...}, {x, xmin, xmax}]
複数の関数 をプロットする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Plotは,実質的にBlockを使って変数 を局所的なものとして扱う.
  • Plotは属性HoldAllを持ち,に特定の数値を割り当てた後で を評価する.
  • 場合によっては,に特定の数値が割り当てられる前にEvaluateを使って を記号的に評価する方が効率的なこともある.
  • を評価してNoneになるところには,曲線は描かれない.
  • Plotには,Graphicsと同じオプションに以下の追加・変更を加えたものが使える.
  • AspectRatio1/GoldenRatio縦横比
    AxesTrue軸を描くかどうか
    ClippingStyleNone曲線が切り取られた部分に何を描くか »
    ColorFunctionAutomatic曲線の彩色方法をどのように決めるか
    ColorFunctionScalingTrueColorFunctionの引数をスケールするかどうか
    EvaluationMonitorNone各関数の評価のときに評価する式
    ExclusionsAutomaticx 中の除外すべき点
    ExclusionsStyleNone除外された点のところに何を描くか
    FillingNone各曲線の下に挿入する充填
    FillingStyleAutomatic充填のスタイル
    MaxRecursionAutomatic許容される再帰分割の最大数
    MeshNone各曲線に何個のメッシュ点を描画するか
    MeshFunctions{#1&}メッシュ点の置き方の決定方法
    MeshShadingNoneメッシュ点間の領域の陰影付けの方法
    MeshStyleAutomaticメッシュ点のスタイル
    MethodAutomatic曲線を細分化するためのメソッド
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようとするパフォーマンスの局面
    PlotLegendsNone曲線の凡例
    PlotPointsAutomatic初期のサンプル点の数
    PlotRange{Full,Automatic}y その他の含まれる値の範囲
    PlotRangeClippingTrueプロット範囲で切り取るかどうか
    PlotStyleAutomatic各曲線のスタイルを指定するグラフィックス指示子
    RegionFunction(True&)ポイントを含めるかどうかの決定方法
    WorkingPrecisionMachinePrecision内部計算に使用する精度
  • TooltipStatusAreaあるいはAnnotationを使って,曲線にインタラクティブなラベル付けをすることができる.
  • Plot[Tooltip[{f1, f2, ...}], {x, xmin, xmax}]は,が対応する曲線のツールチップラベルとして表示されるように指定する.
  • Tooltip[f, label]は,曲線の明示的なツールチップラベルを指定する.
  • PlotLegendsのよく使われる設定値:
  • None凡例は使わない
    Automatic凡例を自動的に決める
    "Expressions", , ... を凡例のラベルとして使う
    {lbl1,lbl2,...}, , ... を凡例のラベルとして使う
    Placed[lspec,...]凡例の置き方を指定する
  • Plotは,まず,fPlotPointsで指定された等間隔のサンプル点の数で評価する.次に,適応的アルゴリズムを使用し,指定の区間を最大MaxRecursion回まで部分分割して追加のサンプル点を選択する.
  • 有限個のサンプル点を使用した場合には,Plotが与えられた関数の特徴を見逃す可能性があることを認識しておいてほしい.結果を確認する方法として,PlotPointsMaxRecursionを増加する方法がある.
  • On[Plot::accbend]では,曲線の特定の滑らかさに達しない場合にPlotはメッセージを出力する.
  • Mesh->Allのとき,Plotは,各関数のサンプルが取られた各曲線のすべての位置に明示的に点を描く.
  • MeshFunctionsおよびRegionFunctionの関数に渡される引数は,x および y である.デフォルトにより,ColorFunctionの関数にはこれらの引数のスケールされたバージョンが渡される.
  • 関数は各曲線に沿ってすべて評価される.
  • ClippingStyle->Automaticのとき,曲線がプロット範囲の外に出た場合は直線がプロットエリアの最上部あるいは最下部に描かれる.
  • デフォルト設定のExclusions->AutomaticExclusionsStyle->Noneでは,Plotが不連続性を検知したところで曲線が途切れる.Exclusions->Noneとすると,不連続性があっても曲線は繋がれる.
  • Plotは通常はGraphics[{Line[...], ...}]を返す.
  • Fillingの指定がされると,PlotGraphics[{GraphicsComplex[...], ...}]を返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

関数をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

複数の関数を凡例を付けてプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

曲線の下を塗り潰す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2本の曲線の間を塗り潰す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

自動的に透過色を使って複数の塗り潰された曲線をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »