PlotPoints

PlotPoints
プロット関数に与えるオプションで,最初に使用するサンプル点の数を指定する.

詳細詳細

  • PlotPoints->n は単一変数で,最初に使うサンプル点の総数を指定する.
  • PlotPoints->n は複数の変数で,最初に各方向にn 個の点を使うように指定する.
  • PlotPoints->{n1, n2, ...}は,連続する各方向に異なった数の最初のサンプル点を指定する.
  • 通常,最初のサンプル点は等間隔で置かれる.
  • これ以上のサンプル点を選ぶときは,MaxRecursionが制御する適応的な手続きが使われる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

各方向に10個の点を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

MaxRecursionは最初の10点を超えて追加的サンプリングをする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

方向に50点使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

異なる変数には異なる数の点を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »