PlotStyle

PlotStyle
プロット関数およびその関連関数に与えるオプションであり,描画されるオブジェクトのスタイルを指定する.

詳細詳細

  • PlotStyle->g は,プロット中の主なオブジェクトすべてをグラフィックス指示子を使って描画するように指定する.
  • PlotStyle->{g1, g2, ...}は,連続するオブジェクトに対しては連続するグラフィックス指示子 を循環的に使うように指定する.
  • 使用できる指示子には次のようなものがある.
  • Dashing[{w1,...}]破線指定
    Directive[g1,g2,...]合成グラフィックス指示子
    EdgeForm[g]辺描画の指定
    FaceForm[g]面描画の指定
    Glow[c]色の輝き
    GrayLevel[i]強度
    Hue[h]色調
    Opacity[a]不透明度
    PointSize[d]ポイントサイズ
    Red, Blue名前付きの色
    RGBColor[r,g,b]RGBカラー
    Specularity[s]表面鏡面性
    Thickness[w]線の太さ
  • 個々の にとっては,指示子のリストはDirective[...]に等しい.単一のg のときは,指示子のリストは{list}として与えられなければならない.
  • PlotStyleは,点,線,面に適用できる.
  • PlotStyle->Noneで,プロット中の主オブジェクトは明示的に描かないように指定する.これは,メッシュや充填には影響しない.
  • ColorFunctionMeshShadingContourShadingに明示的な設定が与えられている場合,その設定はPlotStyleの設定より優先される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (5)例 (5)

Plotおよび関連関数は複数の曲線に自動的にスタイルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

異なる曲線に明示的にスタイルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

曲面に鏡面性を付加する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

隠れた特徴が見えるように透過性を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

重なった部分を示すために透過性を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »