PointFigureChart

PointFigureChart[{{date1, p1}, {date2, p2}, ...}]
日付 の株価が のポイント・アンド・フィギュア・チャートを作成する.

PointFigureChart[{"name", daterange}]
期間 daterange における金融商品の終値のポイント・アンド・フィギュア・チャートを作成する.

PointFigureChart[{...}, s, n]
点と図形の高さが s で反転が n 回あるポイント・アンド・フィギュア・チャートを作成する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ポイント・アンド・フィギュア・チャートは一連の交互方向の棒として描画される.トレンドの方向変化がなければ固定サイズで増分される.方向が n 単位変化すると新たな列が加えられる.
  • PointFigureChart[...]は株価変動幅の3%で反転が3回のPointFigureChart[..., {"Relative", 0.03}, 3]に等しい.
  • 次の引数を使ってステップ s が指定できる.
  • {"Relative",p}株価変動幅との割合(デフォルト)
    {"Absolute",p}絶対的な株価の変化
  • 日付 は順序だった一連の事象と考えられ,絶対時間軸上には表示されない.
  • の日付形式はDateListPlotで使用されるものに等しい.
  • および daterangeFinancialDataで使用されるものに等しい.
  • PointFigureChartのデータ要素は次の形式で与えられる.
  • {datei,pi}純粋な日付と株価のペア
    wi[{datei,pi},...]日付と株価のペアおよびラッパー
    formi->miメタデータ を含む日付と株価のペア
  • ポイント・アンド・フィギュア・チャートの要素は日付と株価の複数のペアを表すことがあり,これに対応するラッパーはチャート要素全体に適用される.
  • これらの形式以外で与えられたデータは欠測値とみなされ,通常チャート生成の際に除外される.
  • PointFigureChartのデータは次の形式で与えられる.
  • {e1,e2,...}ラッパーがある/ない要素のリスト
    w[{e1,e2,...}]データ全体にラッパーを適用
  • データ要素に使用可能なラッパー:
  • Annotation[e,label]注釈を提供
    Button[e,action]要素がクリックされたときのアクションを定義
    EventHandler[e,...]要素の一般的なイベントハンドラを定義
    Hyperlink[e,uri]要素がハイパーリンクとして動作するようにする
    Labeled[e,...]要素をラベル付きで表示
    PopupWindow[e,cont]要素にポップアップウィンドウを付加
    StatusArea[e,label]要素上にマウスが置かれたときにステータスエリアに表示
    Style[e,opts]指定のスタイルで要素を表示
    Tooltip[e,label]要素に任意のツールチップを付加
  • PointFigureChartLabeledPlacedの取り得る位置:
  • Top,Bottom,Left,Right,Center点または図形の中
    Above, Below, Before, After点または図形の外
    {{bx,by},{lx,ly}}点または図形内のスケールされた位置にあるラベル内のスケールされた位置
  • PointFigureChartにはGraphicsと同じオプションに以下の追加・変更を加えたものが使える.
  • AspectRatioAutomatic全体的な縦横比
    AxesTrue軸を描くかどうか
    ChartBaseStyleAutomatic棒の全体的なスタイル
    ChartElementFunctionAutomatic点や図形の棒に使う生のグラフィクスの生成方法
    ChartElementsAutomatic各点と図形で使うグラフィックス
    DateFunctionAutomatic日付をどのように標準形式に変換するか
    EventLabelsNoneラベルを付ける事象
    GridLinesAutomatic描画する格子線
    GridLinesStyleAutomatic格子線のスタイル
    PerformanceGoal$PerformanceGoal最適化しようと試みるパフォーマンスの局面
    TrendStyleAutomatic上昇傾向と下降傾向のスタイルをどうするか
    ScalingFunctionsNone 軸をどのようにスケールするか
  • ChartElementFunctionに渡される引数は棒の範囲,日付と株価のペア list,メタデータである.
  • ChartElementFunctionの組込み設定値のリストはから得ることができる.
  • ChartElements->{up, down}と設定すると,updown が図形と点にそれぞれ用いられる.
  • EventLabels->{..., datei->lbli, ...}に関連するラベルを指定する.指定されたラベルは を含む日付範囲の点または図形とともに表示される.
  • ScalingFunctions->syとすると,関数 が株価に適用される.ScalingFunctionsは表示のみに影響し,コントロールには影響しない.
  • PointFigureChartのオプションやその他の構文からのスタイルその他の指定は事実上TrendStyleStyleやその他のラッパー,ChartElementFunctionの順に適用され,後で適用されたものが前に適用されたものに優先する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

値のリストから価格のグラフを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

FinancialDataの項目から3ヶ月分の価格を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

日付範囲を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

反転閾値を変更する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »