PolarTicks

PolarTicks
セクターチャートと極プロットのオプションで,極軸の目盛マークを指定する.

詳細詳細

  • PolarTicksで使用可能な設定値:
  • None極目盛マークは描かない
    Automatic極目盛マークを自動的に置く
    {ticks,rticks}角目盛と放射目盛に異なる指定
  • Automaticという設定の場合,目盛マークは一般に十進表現で最小の桁数となる座標の点に描かれる.
  • 各軸につき,次の目盛マークのオプションを与えることができる.
  • None目盛マークは描かない
    Automatic目盛マークの位置とラベルは自動的に選ばれる
    {t1,t2,...}指定位置に目盛マークを描く
    {{t1,label1},{t2,label2},...}指定されたラベルで目盛マークを描く
    {{t1,label1,len1},...}目盛マークを指定のスケールされた長さで描く
    {{t1,label1,{plen1,mlen1}},...}目盛マークを正負両方向に指定の長さで描く
    {{t1,label1,len1,style1},...}指定のスタイルで目盛マークを描く
    func目盛マーク指定のために に適用する関数
  • 角目盛については,の記号名を与えることができる.
  • 明示的なラベルが与えられていない場合,目盛マークのラベルは目盛マークの位置の数値として与えられる.
  • 目盛マークのラベルとして任意の式を与えることができる.
  • 目盛マークの長さはプロット全体の横幅に対する割合で与えられる.
  • 目盛マークのスタイルは任意のグラフィックス指示子を含むことができる.
  • 目盛マーク関数の は任意の他の目盛マークオプションを返すことがある.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

極目盛マークと極目盛ラベルを自動的に置く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

極目盛マークを指定の位置に置く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

TicksStyleを使って極目盛ラベルを含む全体的な極目盛のスタイルを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »