PopupMenu

PopupMenu[x, {val1, val2, ...}]
設定が で可能な値が のポップアップメニューを表す.

PopupMenu[Dynamic[x], {val1, ...}]
動的に更新されるの現行値を設定値として取る.の値はメニューから項目が選択されるたびにリセットされる.

PopupMenu[x, {val1->lbl1, val2->lbl2, ...}]
取り得る値 で示されるポップアップメニューを表す.

PopupMenu[x, {val1->lbl1, ...}, dlbl]
のいずれでもない場合はメニュー項目を dlbl として表示する.

PopupMenu[x, {...}, dlbl, base]
クリックされていないときは として表示する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • PopupMenu[x, {val1, val2, ...}]は,メニュー中の連続する項目の と一緒に表示する.
  • は,文字列,ボックス,グラフィックス,あるいは,動的な式を含むどのような式でもよい.
  • PopupMenu[x, list]では,Delimiterは表示されるポップアップメニューのデリミタ(水平線)を指定する の要素として現れることができる.
  • 次のオプションが使用できる.
  • AppearanceAutomaticメニューの全体的な外観
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストとの相対的な位置付け
    BaseStyle{}メニューのベーススタイル指定
    ContentPaddingTrue余白をコンテンツの周りぎりぎりまで縮めるかどうか
    EnabledAutomaticメニューを有効にするか,無効(灰色)にするか
    FieldSize{{1.,50.},{1.,10.}}メニュー項目のフィールドサイズ
    FrameMarginsAutomaticメニューの枠の内側に残す余白
    ImageMargins0表示されたメニューの周囲の余白
    ImageSizeAll表示されたメニューの全体的な画像サイズ
    MenuStyle{}メニュー項目のスタイル指定
  • Appearance->{"Clicked"->app1, "Unclicked"->app2}とすると,ポップアップメニューがクリックされたときとクリックされていないときとで異なる外観にできる.
  • BaseStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.
バージョン 6 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »