Position

Position[expr, pattern]
expr に現れるパターン pattern にマッチするオブジェクトの位置のリストを与える.

Position[expr, pattern, levelspec]
levelspec によって指定されたレベルに現れるオブジェクトのみを求める.

Position[expr, pattern, levelspec, n]
パターン pattern にマッチする最初の n 個のオブジェクトのみを求める.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Position[expr, pattern]は,expr の下位区分をすべて順に試行し,pattern にマッチするものを求める.
  • Positionは,位置のリストをExtractReplacePartあるいはMapAtで使用されるのに適した形式で返す.この形式はPartで使われるのと異なる.
  • Positionのデフォルトレベルの指定は,Heads->Trueとする{0, Infinity}である.
  • Positionによって返される部分の指定は,式 expr 全体を表す.
  • Position[list, pattern, {1}, Heads->False]は,list の完全な要素として現れるオブジェクトに限定して位置を求める.
  • Positionは標準的なレベル指定を使う.
  • nレベル からレベル n まで
    Infinityレベル からInfinityまで
    {n}レベル n のみ
    {n1,n2}レベル からレベル まで
  • 正のレベル n は,n 個の指標で指定される expr のすべての部分からなる.
  • 負のレベル-n は,深さ nexpr のすべての部分からなる.
  • レベルは式全体に相当する.
  • デフォルトのオプション設定Heads->Trueでは,Positionは式の頭部とその部分を含む.
  • Positionは深さを優先した順序で式に働き,辞書的な順序の指標のリストを返す.
バージョン 1 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »