Properties

Properties
オブジェクトおよびオブジェクトの項目の特性指定を可能にするオプションである.

詳細詳細

  • Properties->{item1->{prop1->val1, prop2->val2, ...}, ...} が特性と値のペア 等を持つことを示す.
  • Graphオブジェクトで使える項目には頂点と辺が含まれる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

頂点の特性を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グラフ自身の特性を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »