Pruning

Pruning[image]
値を黒に設定することで,image 内の薄いオブジェクトの最も外側の枝を除く.

Pruning[image, n]
最高で n 画素までの長さの枝を除く.

Pruning[image, {n}]
各枝から n 画素を除く.

Pruning[image, n, t]
t より上の値を前景として扱う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • モルフォロジー的枝刈りはモルフォロジー的細線化の後に適用されることが多い.
  • Pruningはバイナリ画像,グレースケールの画像,多チャンネル画像ならびに実数行列に使うことができる.
  • Pruningは画像の外側の画素を仮定する値を指定するPaddingオプションを取る.デフォルト設定はPadding->0である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

最も外側の枝を刈り込む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

60画素より短い枝を刈り込む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

枝から60画素刈り込む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

すべての枝を刈り込む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »