PseudoInverse

PseudoInverse[m]
長方行列の擬似逆行列を求める.

詳細とオプション詳細とオプション

  • PseudoInverseは,記号的行列および数値的行列ともに機能する.
  • 正方行列の場合,PseudoInverseはムーア・ペンローズ(Moore-Penrose)型逆行列を与える.
  • 数値的な行列については,PseudoInverseSingularValueDecompositionに基づく.
  • PseudoInverse[m, Tolerance->t]は,最大の特異値の倍より小さい特異値を除去するようを指定する.
  • デフォルト設定のTolerance->Automaticの場合,特異値はの百倍よりも小さな場合は除去される.ただし,Precision[m]である.
  • 特異点のない正方行列Mについては,擬似逆行列は標準的な逆行列と同値である.
バージョン 1 の新機能 | バージョン 5 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »