Put


expr をファイルに書き出す.

Put[expr1, expr2, ..., "filename"]
式の列 をファイルに書き出す.

Put["filename"]
指定の名前の空白のファイルを作成する.

詳細詳細

  • Putは,ファイルの先頭から出力を書き始める.このファイルの既存の内容は消去される.
  • Putは,出力の終りに改行を挿入する.
  • expr>>"filename"と同値である.「演算子の入力形」で指定されている形式に従ったファイル名についてはこの引用符を省略することができる.
  • Mathematica 入力を含むファイルでは,という名前で終えることを慣習とする.
  • デフォルトでは,Putは式をInputFormで書き出す.
  • Put[OutputForm[expr], "filename"]OutputFormを生成する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

計算した値を一時ファイルに保存する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

現行ディレクトリを一時ファイルのディレクトリに設定する:

In[2]:=
Click for copyable input

の値をファイルに置く(Put):

In[3]:=
Click for copyable input

ファイルに値が入った:

ディレクトリを再設定する:

In[5]:=
Click for copyable input
バージョン 1 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »