Quiet

Quiet[expr]
生成されたメッセージを表示せずに,expr を「静かに」評価する.

Quiet[expr, {s1::t1, s2::t2, ...}]
expr の評価中,指定されたメッセージだけを表示せずにおく.

Quiet[expr, "name"]
名前付きのメッセージグループだけを「静かに」する.

詳細詳細

  • Quietは属性HoldAllを持つ.
  • Quiet[expr, moff, mon]は,リスト 中のメッセージは生成せず,リスト 中のメッセージは生成するように指定する.
  • の形式の明示的なメッセージ名は名前付きメッセージグループと混ぜることができる.
  • Quiet構文はネストさせることができ,特定のメッセージに関する最奥の指定が使用される.
  • Checkおよび関連するメッセージ関数の操作はQuietの内側に置かれても影響されない.
  • QuietCheckのような関数の内側で使われると,Quietに抑制されたメッセージはCheckにチェックされない.
  • Quiet[expr, "name"]で使用可能な名前付きメッセージグループは$MessageGroupsで与えられる.
  • Quiet[expr]Quiet[expr, All]と等価である.Quiet[expr, None, All]とするとすべてのメッセージが表示されるようになる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

メッセージを生成せずに評価する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

評価時にメッセージを出力する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 6 の新機能 | バージョン 7 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »