RadicalBox

RadicalBox[x, n]
低レベルボックス構文で,ノートブック式における表示オブジェクトを表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • \(...\)の中では, と入力することでRadicalBox[x, n]を作れる.
  • ノートブックにおいて,RadicalBoxCtrl+@またはCtrl+2を押すことで作成できる.作った後はCtrl+%を押すことで指標部に移動できる.Ctrl+Spaceを押すと根号から抜けられる.
  • StandardFormおよびInputFormにおいてRadicalBox[x, n]が入力されると,として解釈される.
  • RadicalBox[x, n]のベースラインはのベースラインに等しいものとする.
  • RadicalBox[x, n]が1行に収まらないときは,として出力される.
  • StandardFormでは,手入力されたRadicalBoxオブジェクトは記述式のまま出力される.根号として見るにはDisplayFormを適用する必要がある.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

根基の下に文字を根の指数とともに表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//DisplayForm=

RadicalBox形式は,一般に分数ベキとして解釈される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//FullForm=

乗根のTraditionalFormのよるフォーマットはRadicalBoxを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//FullForm=

フォーマットした結果は次の様になる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//TraditionalForm=
バージョン 3 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »