RandomImage

RandomImage[max, {width, height}]
範囲が0から max までの一様分布から生成された擬似乱数の画素値で次元の画像を与える.

RandomImage[{min, max}, {width, height}]
範囲が min から max までの一様分布を使って画素値を生成する.

RandomImage[dist, {width, height}]
記号分布 dist を使って画素値を生成する.

RandomImage[max, {width, depth, height}]
次元Image3Dオブジェクトを与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • RandomImageはデフォルトでは画像に特定の色空間を割り当てない.結果の画像の色空間はColorSpaceオプションを使って指定することができる.
  • RandomImageタイプの画像を返す.
  • RandomImageImageSizeオプションもサポートする.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (8)例 (8)

ランダムな画像を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

値が上位四分位にあるランダム画像を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ラプラスノイズの画像を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

最初の2つのチャンネルが相関しているランダム画像:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

裾部の重い分布を使ってごま塩ノイズのシミュレーションを施したRGB画像を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

一定した強度で画像を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グレースケールの3Dランダム画像を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

カラーの3D画像を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »