RandomPrime

RandomPrime[{imin, imax}]
から までの擬似乱数素数を返す.

RandomPrime[imax]
2から までの擬似乱数素数を返す.

RandomPrime[range, n]
擬似乱数素数が n 個含まれたリストを返す.

詳細詳細

  • ランダムな素数 は,所望の数の素数が生成されるまで,指定された範囲内で擬似乱数の整数を繰返し生成することにより計算される.
  • 指定の範囲に素数が存在しない場合は,入力は評価されずに返され,警告メッセージが表示される.
  • RandomPrime[{imin, imax}]は, から までの素数を同じ確率で選ぶ.
  • RandomPrime[imax]RandomPrime[{2, imax}]と等価である:
  • RandomPrime[range, {n1, n2, ...}]××...の素数配列を返す.
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »