Raster

Raster[{{a11, a12, ...}, ...}]
グレーのセルの矩形配列を表す2Dのグラフィックスプリミティブである.

Raster[{{{r11, g11, b11}, ...}, ...}]
RGBカラーのセルの配列を表す.

Raster[{{{r11, g11, b11, 11}, ...}, ...}]
不透明度 の彩色されたセルの配列を表す.

Raster[{{{a11, 11}, ...}, ...}]
指定された不透明度の灰色セルの配列を表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Raster[array, ColorFunction->f]は,関数 をそのセルに指定された値に適用することで得られるグラフィックス指示子を使ってそれぞれのセルが彩色されるように指定する.
  • の次元がの場合,Raster[array]は,長方形Rectangle[{0, 0}, {m, n}]を充填するとみなされる. »
  • Raster[array, {{xmin, ymin}, {xmax, ymax}}]は,長方形Rectangle[{xmin, ymin}, {xmax, ymax}]を満たすためにラスターを代りに使用するように指定する. »
  • ScaledOffsetは,長方形の座標を指定するのに使用できる.
  • Raster[array, Automatic]Raster[array, {{0, 0}, {m, n}}]と等価である.
  • Raster[array, rect, {amin, amax}]は,が0に対応し が1に対応するようにセルの値をスケールするように指定する.この範囲外にあるセルの値は0か1になるように切り取られる.
  • SparseArrayオブジェクトでもよい.
  • Image[Raster[...]]Rasterオブジェクトを画像に変換する.
バージョン 2 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »