ReadList

ReadList["file"]
ファイルに残されたすべての式を読み込み,これらのリストを返す.

ReadList["file", type]
ファイルから指定されたタイプのオブジェクトをファイルの終りに到達するまで読み込む.オブジェクトはリストで返される.

ReadList["file", {type1, type2, ...}]
一連のタイプを使ってオブジェクトをファイルの終りに到達するまで読み込む.

ReadList["file", types, n]
先頭から 個の指定されたタイプのオブジェクトだけを読み込む.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 次のようなタイプが読み込める.
  • Byte整数コードとして返される1バイト
    Character1文字列として返される1文字
    ExpressionMathematica の閉じた式
    Number"E" フォーマットで与えられる整数または近似された数
    Real"E" フォーマットで与えられる近似された数
    Recordレコードセパレータで区切られた文字列
    String改行で終る列
    Wordワードセパレータで区切られた文字列
  • Real型のオブジェクトは,Mathematica 形式をはじめ,CやFortran等の言語で使われる科学的数記法形式で与えられる.数を表すには,をはじめ,あるいは等の形式が使われる.Real型のオブジェクトは,常に近似数として返される.Number型は,具体的な小数を含まない限り,整数として返される.
  • 以下のオプションを与えることができる.
  • NullRecordsFalse繰り返されたレコードセパレータの間に長さ0のレコードが存在するとみなすかどうか
    NullWordsFalse繰り返されたワードセパレータの間に長さ0のワードが存在するとみなすかどうか
    RecordSeparators{"\r\n","\n","\r"}レコード間に許されたセパレータ
    RecordListsFalse各レコードについて別々のサブリストを作る
    TokenWords{}境界子とみなされるワード
    WordSeparators{" ","\t"}ワード間に許されたセパレータ
  • file が読込みのために開かれていない場合,ReadListはこれを開いて,使用が終ると閉じる.ファイルがすでに開いている場合には,ReadListが使用後に閉じることはない.
  • ReadListは,ファイルに残されたオブジェクトがいずれも指定されたタイプではない場合に,メッセージを出力する.
  • ReadList["file", {type1, ...}]は,順に の列を探していく.の列の途中でファイルの終りに至った場合には,この列の中の読み込まれなかった要素の代りにEndOfFileを返す.
  • ReadList[stream]は,OpenReadが返す開いている入力ストリームから読み込む.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

各行を別々の式として読み込む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

各行を文字列として読み込む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//InputForm=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 2 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »