RealBlockDiagonalForm

RealBlockDiagonalForm
SchurDecompositionおよび関連関数のオプションで,実数値の2×2ブロックが複素数値の代りに行列の対角に対して使われるべきかどうかを指定する.

詳細詳細

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

m は2つの実数固有値と2つの複素数固有値の行列である:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

RealBlockDiagonalForm->Falseでは,結果は複素上三角行列になる:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]//MatrixForm=

RealBlockDiagonalForm->Trueでは,対角に沿って実数の2×2ブロックがある:

In[4]:=
Click for copyable input
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]//MatrixForm=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »