Reap

Reap[expr]
評価の過程でSowが適用されたすべての式と一緒にの値を与える.異なるタグでSow[e]あるいはSow[e, tagi]を使って播かれた式は異なるリストで与えられる.

Reap[expr, patt]
にマッチするタグを付けて播かれた式のみを刈り取る.

Reap[expr, {patt1, patt2, ...}]
と関連する式を別々のリストに入れる.

Reap[expr, patt, f]
を返す.

詳細詳細

  • SowReapは計算の中間結果を累積する便利な方法を与える.
  • ReapSowが適用された順番で式を累積する.
  • 特別なタグで播かれた式はパターンにタグがマッチする最も内側のReapに集められる.
  • Reap[expr]Reap[expr, _]に等しい.
  • Reapは属性HoldFirstを持つ.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

「播かれた」ものを「刈りらり」ながら一連の式を評価する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

各ステップで「播かれた」を「刈り取り」ながら和を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 5 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »