Refine

Refine[expr, assum]
中のシンボルが仮定 を満足する明示的な数式で置換された際に得られるような の形を与える.

Refine[expr]
埋込みのAssuming構文によって指定されたデフォルトの仮定を使用する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 仮定は方程式,不等式,xIntegersのような領域指定,あるいはこれらの論理結合からなる.
  • Refineは方程式,不等式,領域指定に使うことができる.
  • 不等式中に代数的に現れた数量は常に実数であると仮定される.
  • RefineSimplifyが試みる変換のひとつである.
  • 次のオプションを使うことができる:
  • Assumptions$Assumptionsassum に追加するデフォルトの前提条件
    TimeConstraint30任意の特定の変換を何秒間試みるか

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

は任意の複素数 について簡約することはできない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

明示的な正の数式については,を評価すると になる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Refineは,記号式 が正であると仮定できる場合に,について評価する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

仮定が弱いと簡約も弱くなることがある:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

Assumingを用いてRefineの呼出しに同じ仮定を指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 5 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »