RegionBinarize

RegionBinarize[image, marker, d]
marker の前景画素と画素値が距離 d 以内にある連結領域を含む image のバイナリ化した画像を作成する.

RegionBinarize[image, marker, d, {t1, t2}]
平均強度が範囲以内に制限されている画素を加えることで marker 内の範囲を拡大する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • RegionBinarizeは画像を二値分割するためにさまざまな領域拡大法を実装する.
  • RegionBinarize[image, marker, ...]では,marker は,画像として,グラフィックスオブジェクトとして,あるいは標準的な画像座標系の点のリストとして与えることができる.リストの場合,x は0から width まで,y は0から height までとなり,位置は画像の左下コーナーに対応する.
  • RegionBinarizeは任意のグレースケール画像および多チャンネル画像に使うことができる.
  • RegionBinarizeMethodオプションで,追加する画素値と拡大する画像領域の間の距離をどのように計算するかを指定する.距離が d 以下の場合にのみ画素が分割に含まれる.使用可能な設定値:
  • "MeanEuclidean"拡大する領域の平均までのユークリッド距離
    "Mahalanobis"Mahalanobis距離
  • デフォルト設定はMethod->"MeanEuclidean"である.
  • 距離は拡大しようとしている領域の画素値の共分散行列の逆行列を測量基準として持つユークリッド距離である.初期領域が1または2画素のみからなる場合,共分散行列はそれらの画素の周りの-1近傍から計算される.
  • RegionBinarize[image, marker, d, backgroundmarker]marker から始めて backgroundmarker に連結されていない画素のみを加えることで領域を拡大する.
  • 距離パラメータ d が取り得る範囲は使用される距離メソッドと色空間の次元に依存する.
  • MaxIterations->n と設定すると,RegionBinarizeは各反復で前の結果を marker として使い,n 回まで適用される.
  • RegionBinarizeImage3Dオブジェクトに使うことができる.
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »