RiccatiSolve

RiccatiSolve[{a, b}, {q, r}]
連続代数リッカティ(Riccati)方程式 TemplateBox[{a}, ConjugateTranspose].x+x.a-x.b.TemplateBox[{r}, Inverse].TemplateBox[{b}, ConjugateTranspose].x+q=0の安定化解である行列 を与える.

RiccatiSolve[{a, b}, {q, r, p}]
方程式 TemplateBox[{a}, ConjugateTranspose].x+x.a-(x.b+p).TemplateBox[{r}, Inverse].(TemplateBox[{b}, ConjugateTranspose].x+TemplateBox[{p}, ConjugateTranspose])+q=0を解く.

詳細とオプション詳細とオプション

  • TemplateBox[{a}, ConjugateTranspose].x+x.a-x.b.TemplateBox[{r}, Inverse].TemplateBox[{b}, ConjugateTranspose].x+q=0の「」は共役転置を示す.
  • が安定化可能でが検出可能,のとき,方程式 TemplateBox[{a}, ConjugateTranspose].x+x.a-x.b.TemplateBox[{r}, Inverse].TemplateBox[{b}, ConjugateTranspose].x+q=0には一意的で対称な半正定値解 がある.これにより,行列 の固有値はすべて負で解は安定化される.
  • が可制御でが可観測のとき,解は正定値である.
  • ハミルトン(Hamilton)行列の固有値は記号式を含んでいてはならない.
  • RiccatiSolveMethodオプションをサポートする.次の明示的な設定値を指定することができる.
  • "Eigensystem"固有値分解を使う
    "Schur"シューア(Schur)分解を使う
  • デフォルトで,固有値分解を使って解が得られる.
  • Method->"Schur"の設定は近似値行列にのみ使うことができる.
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »