RiceDistribution

RiceDistribution[, ]
形状母数が のライス(Rice)分布を表す.

RiceDistribution[m, , ]
母数が m のノートン・ライス(Norton-Rice)分布を表す.

詳細詳細

  • RiceDistributionは仲上- 分布としても知られている.
  • ライス分布における値 の確率密度は,については x exp(-(alpha^2+x^2)/(2 beta^2)) TemplateBox[{0, {{(, {x,  , alpha}, )}, /, {(, {beta, ^, 2}, )}}}, BesselI]に比例し,では0である.
  • ノートン・ライス分布における値 の確率密度は,では x^m exp(-m(alpha^2+x^2)/(2 beta^2)) TemplateBox[{{m, -, 1}, {m, {{(, {x,  , alpha}, )}, /, {(, {beta, ^, 2}, )}}}}, BesselI]に比例し,では0である.
  • RiceDistributionでは, は任意の非負の実数でよく,m は任意の正の実数でよい.
  • RiceDistributionは,MeanCDFRandomVariate等の関数とともに使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (6)例 (6)

ライス分布の確率密度関数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ライス分布の累積分布関数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ライス分布の平均と分散:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ノートン・ライス分布の確率密度関数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ノートン・ライス分布の累積分布関数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ノートン・ライス分布の平均と分散:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »