RidgeFilter

RidgeFilter[image]
image 中の各画素に存在するリッジの大きさを計算する.

RidgeFilter[image, ]
指定されたリッジスケール を使う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • RidgeFilterは各画素の主な曲率を計算する.
  • リッジに直交する主な主曲率はヘッシアン行列の主な負の固有値で与えられる.
  • RidgeFilter[image, ]では, はヘッシアンの導関数の計算に使われるリッジのスケールである.
  • RidgeFilter[image]RidgeFilter[image, 1]に等しい.
  • RidgeFilterは任意のグレースケール画像あるいは多チャンネル画像に使うことができ,各チャンネルに別々に働く.
  • RidgeFilter[image, ...]image と同じ次元の実際の画像を返す.
  • RidgeFilter[array]は二次元配列でリッジを計算する.
  • RidgeFilterはヘッシアン行列と主な主曲率の計算のために次のオプションをサポートする.
  • InterpolationOrderAutomatic補間次数
    Padding"Fixed"充填法
  • InterpolationOrderオプションの可能な設定値は3,5,7あるいは9である.
  • Paddingオプションにはあるいは数値が使える.2つの設定値のリストで各次元に異なる充填を指定することができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

明るさが一様ではないノイズの多い画像の中から指定した幅の線を検出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

地形標高ラスタで山の尾根を求める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

手書き文字の線をはっきりさせる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »