Riffle

Riffle[{e1, e2, ...}, x]
を返す.

Riffle[{e1, e2, ...}, {x1, x2, ...}]
を返す.

Riffle[list, x, n]
n 番目ごとの要素がであるリストを与える.

Riffle[list, x, {imin, imax, n}]
x, , , ... , の位置に現れるリストを返す.

詳細詳細

  • Riffle[{e1, e2, ...}, {x1, x2, ...}]中の の間のギャップよりも の方が少なければ, は繰返し使われる.
  • Riffle[{e}, x]{e}を返す.
  • という指定はTakeで使われるのと同じタイプである.負の指標はリストの末尾から数える.
  • Riffle[list, x]Riffle[list, x, {2, -2, 2}]と等価である.
  • Riffle[list, x, n]Riffle[list, x, {n, -2, n}]と等価である.
  • Riffle[list, xlist]では,listxlist が同じ長さの場合,その要素は結果の最終要素が xlist の最終要素になるように直接インターリーブされる.
  • RiffleSparseArrayオブジェクトと使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

リスト中の連続する要素間にを「リフル」する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

を循環的にリフルする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2つおきにをリフルする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »