Rotate

Rotate[g, ]
境界ボックスの中央で反時計回りに ラジアン回転された2Dグラフィックスプリミティブあるいはその他の任意のオブジェクト g を表す.

Rotate[g, , {x, y}]
の回りで回転させる.

Rotate[g, {u, v}]
始点の回りを回転させて2Dあるいは3Dベクトル uv に変換する.

Rotate[g, , w]
始点に固定された3Dベクトル w の回りで3Dグラフィックスプリミティブを ラジアン回転させる.

Rotate[g, , w, p]
p に固定された3Dベクトル w の回りを回転させる.

Rotate[g, , {u, v}]
3Dベクトル uv で定義される平面上で角度 回転させる.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Degreeすなわち °は角度を度で指定する.
  • Rotateがグラフィックスの外側に現れた場合,Rotate[g, ]中のオブジェクト g 等は任意の式でよい.
  • g の境界ボックス内で{Left, Bottom}のような特別な点を指定することができる.
  • x の位置はLeftCenterあるいはRightとして指定できる.y の位置はBottomCenterあるいはTopとして指定できる.
  • Rotateがグラフィックス内に現れた場合,座標はグラフィックスの座標系内にあるとみなされる.
  • Rotateがグラフィックスの外側に現れた場合,座標は回転されているオブジェクトの境界ボックスのからの範囲にあるとみなされる.
  • Rotate[g, ]Rotate[g, , {Center, Center}]に等しい.
  • スケールされた座標Scaled[{x, y}]で指定されたオブジェクトについては,Rotateは実質的に対応する通常の座標に対して変換を適用する.
  • Rotateがグラフィックス内に現れた場合,Normal[expr]は,可能であれば,すべてのRotate[gi, ...]構文を座標系が明示的に変換された のバージョンで置き換える.
バージョン 6 の新機能 | バージョン 7 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »