RotationAction

RotationAction
3Dグラフィックス関数のオプションで,3Dオブジェクトがインタラクティブに回転されている場合にどのように描画するかを指定する.

詳細詳細

  • よく使われるRotationActionの可能な設定値:
  • "Clip"切り取りを許し,回転後に再度フィットはしない
    "Fit"回転後に厳密に再フィットする
  • デフォルト設定のRotationAction->"Fit"の場合,3Dグラフィックスはインタラクティブな回転が行われるたびに画像範囲に収まるようにスケールし直される.これにより,マウスがリリースされるとグラフィックスが若干ジャンプするように見える.
  • RotationAction->"Clip"とすると,3Dグラフィックスは回転されてもスケールし直されず,切り取られたり余分な空間が開いたりするが,ジャンプするようには見えない.
  • RotationAction環境設定ダイアログで大域的に設定できる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

デフォルトで,3Dグラフィックスはインタラクティブに回転された場合にはフィットするようにサイズ調整されたり移動されたりする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

回転されたときには切り取って,フィットするようにサイズ調整を行わないプロットを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »