Row

Row[{expr1, expr2, ...}]
を横に,場合によっては数行に渡って並べるオブジェクトである.

Row[list, s]
連続する要素間に s をセパレータとして挿入する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Row[list]は,デフォルトで,あたかもStandardForm入力の連続する要素として現れたかのように,要素間に余分なスペースを挿入せずに をフォーマットする.
  • セパレータ s は任意の式でよい.一般に次のようなものが使われる.
  • " "単一のスペース文字
    ", "コンマとスペース
    Spacer[w]w の印刷用ポイント幅のスペース
    Invisible[expr]expr の幅のスペース
  • Rowが複数行に及ぶときは,一般の Mathematica 式と同じようにどこで行替えするかが選ばれ,続く行の行頭が下げられる.
  • 要素は,文字列,グラフィックス,その他どのような式でもよい.
  • は,ベースラインあるいは整列点が揃うように並べられる.
  • 次のオプションを使うことができる.
  • Alignment{Left,Baseline}要素の水平および垂直方向の整列
    BackgroundNone使用する背景色
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストのベースラインと何を揃えるか
    BaseStyle{}行のベーススタイル指定
    FrameNone枠を描くかどうか
    FrameMarginsAutomatic枠内に残す余白
    FrameStyleAutomatic枠のスタイル
    ImageMargins0表示エリアの外側に加える余白
    ImageSizeAutomatic表示された行の全体的な画像サイズ
    RoundingRadius0角丸の半径
  • Row[...]は,StandardFormTraditionalFormOutputFormで,1行の式としてフォーマットする.
  • InputFormではRow[...]は文字通りRow[...]としてフォーマットする.
  • TextCell[Row[list], ...]は,list 中の文字列およびスタイル付きの文字列を直接含むことができるテキストセルを作成する.
バージョン 6 の新機能 | バージョン 7 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »