ScriptBaselineShifts

ScriptBaselineShifts
Styleのオプションとして使われ,上付き文字と下付き文字の最小移動距離を, の高さを1とする単位で指定する.

詳細詳細

  • ScriptBaselineShifts->{sub, sup}の書式は,下付き文字を距離 に移動し,上付き文字を距離 に移動する.
  • 通常の設定は,ScriptBaselineShifts->{0.6, 0.9}である.
  • デフォルト設定はScriptBaselineShifts->{Automatic, Automatic}であるが,この設定では,下付き文字と上付き文字はこれらの文字の縦幅に応じた距離だけ移動する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

下付き文字と上付き文字のデフォルトの位置:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

高さ2つ分下げた下付き文字:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

下付き文字は の高さ0個分下げ,上付き文字はその高さ2個分上げる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 3 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »