SectorSpacing

SectorSpacing
PieChartおよび関連関数のオプションで,扇型のラジアル間隔を指定する.

詳細詳細

  • SectorSpacingは異なるデータベースの同心の扇型の間隔を決定する.また,扇型がクリックされた際のデフォルトのポップアップ距離も決定する.
  • SectorSpacingに使用可能な設定値:
  • Automatic扇型の間隔を自動的に決定する
    None扇型間にスペースを入れない
    Tiny,Small,Medium,Large現行の間隔を使用する
    s間隔として s を使う
    {sp,sc}ポップアップの間隔に ,同心の扇型の間隔に を使う
  • PieChartPieChart3Dでは, は扇型のラジアル幅との比で測られる.
  • SectorChartSectorChart3Dでは, はデータのラジアル成分後同じ単位である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

環状部分の間隔を制御する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

3D円グラフ:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »