SelectComponents

SelectComponents[m, "prop", crit]
ラベル行列 m 中の全成分の特性を計算し,crit を満たさない成分が0で置換される m のバージョンを返す.

SelectComponents[m, "prop", n]
特性で順序付けられた最初の n 個の成分のラベル行列を与える.

SelectComponents[m, "prop", n, p]
順序関数 p を使う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 使用可能な特性の完全リストはComponentMeasurementsの解説ページを参照のこと.
  • SelectComponents[..., {"prop1", "prop2", ...}, ...]は複数の特性を計算する.
  • SelectComponents[m, Large]はサイズが大域的に決められた閾値よりも大きい成分を選ぶ.
  • SelectComponents[m, Small]はより小さい成分を選ぶ.
  • SelectComponents[m, "prop", -n]は最後の n 個の成分のラベル行列を返す.
  • SelectComponentsは非零の画素の連結性を使ってラベル行列を計算することでバイナリ画像にも使うことができる.
  • デフォルトで,画素を取り囲む8つの画素すべてが近傍として扱われる.CornerNeighbors->Falseのオプションを使うと座標軸方向の4つの画素のみが隣接するものとして扱われる.
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »