SelectionMove

SelectionMove[obj, dir, unit]
フロントエンドの開いた状態にあるノートブックにおいて,現在の選択範囲を方向に指定された単位の距離だけ移動する.

SelectionMove[obj, dir, unit, n]
移動操作を回繰り返す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • SelectionMoveの第1引数はNotebookObjectまたはCellObjectでよい.
  • 指定可能な方向:
  • Next指定型の後方の単位を選択範囲とする
    Previous指定型の前方の単位を選択範囲とする
    After現在の単位の直後の点を選択範囲とする
    Before現在の単位の直前の点を選択範囲とする
    All現在の単位の全体を選択範囲とする
  • 指定可能な単位:
  • Character個々の文字
    Word単語やトークン
    Expression式や項全体
    TextLine
    GraphicsContentsグラフィックスオブジェクトの内容
    Graphicsグラフィックスオブジェクト全体
    CellContentsセルの内容
    Cellセル全体
    CellGroupセルグループ
    GeneratedCell現在の評価処理により生成されるセル
    Notebookノートブック全体
  • AutoScroll->Falseのオプション設定が有効でない限り,フロントエンドは,SelectionMoveの評価結果を表示できる位置までノートブックをスクロールする. »
  • また,フロントエンドは,通常結果に対応した範囲をハイライト表示する.
  • の方向指定があるとき,SelectionMoveは,指定された型の2単位の中間点を新たな現行選択位置とする. »
  • SelectionMoveは,ユーザの要求通りに選択範囲を移動できないとき$Failedを返す.
  • GeneratedCellは,出力の要素に対応する.
バージョン 3 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »