Shortest

Shortest[p]
パターンと矛盾しない最短の文字列にマッチするパターンオブジェクトである.

詳細詳細

  • Shortestは,通常の式パターンと文字列パターンの両方に使うことができる.
  • 1つの式の中に複数のShortestオブジェクトがある場合,先に現れた方に最短の文字列にマッチする,より高い優先権が与えられる.
  • Shortest[p, pri]には,最短の文字列となる優先権 が与えられる.最短の文字列のマッチは優先権が高いShortestオブジェクトから試される.
  • 優先権はどのような式でもよく,標準的な MathematicaSort順に並べられる.Shortest[p]は,可能性が最も高い優先権を指定する.
  • 同等の優先権を持つShortestオブジェクトは,式中で先に現れたものから試される.
  • 明示的なShortestあるいはLongestが与えられない場合,一般に,通常の式のパターンはShortest[p]であり文字列パターンはLongest[p]であるとみなされる.
  • 通常の式の場合,Shortest[p]それ自身だけでなく,のすべての部分もまた最短の文字列にマッチしなければならないものとする.
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »