ShowCursorTracker

ShowCursorTracker
Cellのオプションで,カーソル位置がジャンプするときの目の誘導のため楕円状のスポットを瞬間的に表示するかどうかを指定する.

詳細詳細

  • デフォルト設定は,ShowCursorTracker->Trueである.
  • 通常改行は,入力セルでの小さな変更が大規模な再フォーマットに繋がらないよう設定されている.カーソル位置がジャンプするような再フォーマットが要求されると,カーソル追跡子が現れる.
  • カーソル追跡子は,人間の視覚システムでも急に注視を向けられるように,十分に目立つようになっている.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

次は式のセルのサンプルである:

In[1]:=
Click for copyable input

次で,式のセルのサンプル中でカーソル追跡子をオンにする:

In[2]:=
Click for copyable input

式のセルのサンプル中で文字を数回追加・削除する:

In[3]:=
Click for copyable input

これは,別の式のセルのサンプルである:

In[1]:=
Click for copyable input

次で,式のセルのサンプル中でカーソル追跡子をオフにする:

In[2]:=
Click for copyable input

これで,サンプルのセルを編集してもカーソル追跡子が現れなくなった:

In[3]:=
Click for copyable input
バージョン 4 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »