SignPadding

SignPadding
NumberFormやこれに関連した関数に与えるオプションで,符号の後に余白を挿入するかどうかを指定する.

詳細詳細

  • SignPadding->Trueは,何らかの余白を数の符号と最初の桁の間に挿入することを指定する.
  • SignPadding->Falseは,余白が符号の前に挿入されることを指定する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

デフォルトでは符号の前に余白を挿入する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//NumberForm=

代りに符号と数字の間に余白を挿入することにする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//NumberForm=
バージョン 2 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »