SignificanceLevel

SignificanceLevel
VarianceTestおよび類似関数のオプションで,診断検定および検定結果でのカットオフを制御する.

詳細詳細

  • 0<<1での設定SignificanceLevel-> は有意水準が であることを意味している.
  • 正規性等の仮定の証明に使われる水準 であるとみなされる.ただし, は検定されるデータ集合の数である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

LocationTestで使われる診断用の検定サイズを設定する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

値は等しいが警告が発せられる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

特性と特性で使われるカットオフを設定する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

デフォルトで,が使われる:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]//TraditionalForm=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »