SingularValueList

SingularValueList[m]
行列 m の非零の特異値のリストを与える.

SingularValueList[{m, a}]
a に対する m の一般化された特異値を与える.

SingularValueList[m, k]
m の大きい方から k 次までの特異値を与える.

SingularValueList[{m, a}, k]
m の大きい方から k 次までの一般化された特異値を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 特異値は最大から最小へと並べられる.
  • 繰り返される値は適切な重複度を伴って現れる.
  • デフォルトで,特異値はの100倍より大きいときのみ保たれる.ただし pPrecision[m]である.
  • SingularValueList[m, Tolerance->t]は最大特異値の少なくとも t 倍の特異値のみを保つ.
  • SingularValueList[m, Tolerance->0]はすべての特異値を返す.
  • 行列 m は長方行列でもよい.特異値の総数は常にMin[Dimensions[m]]である.
  • 厳密行列および記号行列のどちらも使うことができる.許容率はデフォルトで0と仮定される.
  • 特異値はSqrt[Eigenvalues[Conjugate[Transpose[m]].m]]で得ることができる.
バージョン 5 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »