Skip

Skip[stream, type]
入力ストリームで指定されたタイプのオブジェクトを1つ飛ばす.

Skip[stream, type, n]
指定されたタイプのオブジェクトを n 個飛ばす.

詳細とオプション詳細とオプション

  • SkipReadのように振る舞うが,例外として,指定されたオブジェクトのスキップに成功するとNullを返し,その他の場合には$Failedを返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

数のファイル:

ファイルを読むためにストリームを開く:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

最初の数を読む:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

2番目の数を飛ばす(Skip):

In[4]:=
Click for copyable input
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

ストリームを閉じる:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
バージョン 2 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »