Slider

Slider[x]
x の設定範囲が0から1までのスライダーを表す.

Slider[Dynamic[x]]
設定として x の動的に更新された現在値を取る.x の値はスライダーが動かされるとリセットされる.

Slider[x, {xmin, xmax}]
範囲が から までのスライダーを表す.

Slider[x, {xmin, xmax, dx}]
刻み幅 dx でジャンプするスライダーを表す.

Slider[x, {{e1, e2, ...}}]
等間隔の区間が連続する設定 に対応するスライダーを表す.

Slider[x, {{{e1, w1}, {e2, w2}, ...}}]
に対して相対的な区間幅 を用いる.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Slider[...]はインタラクティブに操作できる水平のスライダーをノートブックに表示する.
  • Slider[Dynamic[x]]は,スライダーが動かされると x の値をリセットする.Slider[x]はリセットしない.
  • Slider[n, {nmin, nmax, dn}]dn が整数のときは整数位置にジャンプする. »
  • Slider[x, {xmin, xmax, dx}]は通常Range[xmin, xmax, dx]が与える位置にジャンプする. »
  • Slider[x]は左から右に進むスライダーを表す.
  • > であるSlider[x, {xmax, xmin}]は右から左に進むスライダーを表す. »
  • スライダーの値が与えられた範囲の外側に出るときは,どちらかの端に表示される.
  • Slider[x, {0, 1, dx}]はたとえ dx の倍数でない場合でも,x の位置で表示される.
  • Slider[x, {{e1, e2, ...}}]において,は数字でなくてもよく,いかなる式でもよい. »
  • 次のオプションを使うことができる.
  • AppearanceAutomaticスライダーの全体的な外観
    AutoActionFalseマウスが上に置かれたときにスライダーを自動的に動かすかどうか
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストと相対的な並べ方
    BaseStyle{}スライダーのベーススタイル指定
    ContinuousActionTrueスライダーが動かされるたびに継続的に更新するかどうか
    EnabledAutomaticスライダーを有効にするか,灰色(無効)にするか
    Exclusions{}除外すべき特定の値
    ImageMargins0表示されたスライダーの画像の周りの余白
    ImageSizeAutomatic表示されたスライダーの画像全体の大きさ
  • Appearanceの可能な設定値にはTinySmallMediumLarge等,および通常等の他の設定が含まれる.
  • Appearance->"Labeled"はスライダーの現行値を編集可能なラベルとして表示する.
  • BaseStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.
  • Slider[]Slider[0.5]に等しい.
  • 結果として表示されるスライダーはAltキー(MacintoshではOptionキー)を押しながらマウスをドラッグすることで微調整できる.こうするとスライダーはマウス速度の1/20の割合で移動する.Shiftキーおよび/またはCtrlキーを同時に押しながらマウスをドラッグするとスライダーがさらに細かく操作できる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

デフォルト範囲がからまででに設定されたスライダー:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

その値が動的に更新されるスライダー:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

値がからまでの整数値のスライダー:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »