Sound

Sound[primitives]
サウンドを表す.

Sound[primitives, t]
サウンドの長さが になるように指定する.

Sound[primitives, {tmin, tmax}]
サウンドがタイム で始まってタイム まで続くように指定する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 以下のプリミティブを含むリストが使用できる.
  • SampledSoundFunction[f,n,r]関数によって作成される振幅のレベル
    SampledSoundList[{a1,a2,...},r]リストで与えられる振幅のレベル
    SoundNote[spec,...]音楽的な音
    Sound[prims,t]持続時間が t の音
    Sound[prims,{tmin,tmax}] から までの間演奏される音
  • 持続時間の指定があるプリミティブは,明示的な時間指定があるプリミティブとは無関係に連続的に演奏される.
  • プリミティブ prims Sound[prims, tspec]内で使われると,prims における一連の持続時間と時間指定はスケールし直され,で定義された時間にフィットするようにシフトされる.
  • 外側のSoundオブジェクトの場合,デフォルトで時間は絶対的な秒で与えられると解釈される.
  • 内側のSoundオブジェクトの場合,時間はScaled[r]で与えることができる.
  • Sound[prims, Scaled[r]]の因子で遅くする.
  • サウンドプリミティブのリストに次のSoundNoteを加えることができる:
  • "style"指定されたスタイルを使う
    opt->value指定されたオプション設定を使う
  • 可能なスタイルとオプションはSoundNoteのものと同じである.
  • サウンドプリミティブと指示子のネストしたリストを与えることができる.指示子の指定は,その指示子を含むリストの終りまでしか有効ではないのが一般的である.
  • サウンド指示子のみを含むリストは,その要素が包み込んでいるリストに直接挿入されたかのように扱われる.
  • Style[obj, opts]使って,オプションあるいは指示子 に適用することができる.
  • SoundEmitSoundを使って演奏することができる.
  • Sound[...]は音を表すグラフィックスを含むボタンとしてStandardFormで表示される.このボタンをクリックすると,それまでに演奏されていた音に変わって,その音が演奏される.
  • InputFormでは,Sound[...]は明示的なプリミティブのリストとして表示される.
  • オプションSoundVolume->v は音符に対する相対的な音の大きさ v を指定する.
  • 以下のオプションを使うことができる.
  • SoundVolume1相対的な音量
バージョン 2 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »