Sow

Sow[e]
囲み込んでいる最も近くのReapによって e が収集されるように指定する.

Sow[e, tag]
パターンが tag とマッチする,囲み込んでいる最も近くのReapによって e が収集されるように指定する.

Sow[e, {tag1, tag2, ...}]
eにマッチする各パターンにつき1回ずつ収集されるように指定する.

詳細詳細

  • Sow[e, ...]e を返す.
  • 複数の同じ があると,Reapが返したリストの中で単一の式を何度も表示することができる.
  • Sow[e]Sow[e, None]と等価である.
  • Sow[e, {{tag}}]{tag}タグの付いた式を播く.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (4)例 (4)

Reapが集めるように一部を「播いて」一連の式を評価する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

各ステップでを「播いて」総和を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

異なるタグで「播かれた」式についてそれぞれリストを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

タグを付けて「播かれた」式だけを刈り取る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 5 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »