Spacer

Spacer[w]
w 印刷用ポイント幅のスペーサとして表示する.

Spacer[{w, h}]
ポイント幅で合計 ポイントの高さのスペーサとして表示される.

Spacer[{w, h, dh}]
スペーサをベースラインの ポイント下まで延長する.

詳細詳細

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

2つの文字の間に印刷用ポイント数で20の間隔を取る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

幅70ポイント,高さ50ポイントの空白スペースを表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

格子のセルに幅20ポイント,高さ15ポイントのスペーサを入れる:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »