SpanSymmetric

この関数はMathematica システムに完全に統合されていません.変更される可能性があります.

SpanSymmetric
伸張文字で囲まれた式がボックス軸を中心に対称に見えるよう,式を調整するかどうかを指定する選択範囲のオプションである.

詳細詳細

  • 伸張文字で囲まれる式には非対称に現れるものもある.例えば,分子か分母のどちらかが,非常に複雑な式がそうである.
  • デフォルト設定のSpanSymmetric->Trueでは,下の例のように分数の中心線の上と下で伸張文字の大きさが同じようになるように設定され,式がより対称に表れる.
  • SpanSymmetric->Falseでは,下の例のように伸張文字のサイズは調整されない.
バージョン 3.0 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »