Splice

Splice["file"]
Mathematica の出力を外部ファイルに繋ぎ合せる.これは,ファイル内のでくくられたテキストを取り込み,このテキストを Mathematica の入力として評価し,このテキストを Mathematica が出力する結果で置き換える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • Splice["infile", "outfile"]は,ファイル infile からのテキストを処理し,出力を outfile に書き出す.
  • Splice["file"]は,name.mxの形式の名前のファイルを取り込み,name.xの形式の名前のファイルに出力を書き出す.
  • 入力ファイルのでくくられていないテキストは,変更されることなく出力ファイルにコピーされる.
  • Mathematica の出力のデフォルトフォーマットは,入力ファイルの名前の拡張子をもとに判定される.
  • name.mcCForm
    name.mfFortranForm
    name.mtexTeXForm
  • Spliceには,以下のオプションを使用することができる.
  • Delimiters{"<*","*>"}検索する区切り文字
    FormatTypeAutomaticMathematica 出力のデフォルトフォーマット
    PageWidth78出力行あたりの文字数による行幅
  • Spliceへの入出力に関して,ファイルの代りにパイプを使用することもできる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

式でファイルを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ファイルを読む:

Mathematica の出力をファイルに繋ぎ合せる(Splice):

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

出力ファイルを読む:

バージョン 1 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »