SplineDegree

SplineDegree
スプライン関数とグラフィックスプリミティブのオプションで,使用する多項式基底の次数を指定する.

詳細詳細

  • SplineDegree->d は各次元で最大次数 d の多項式基底を指定する.
  • SplineDegree->{d1, d2, ...}n 番目の次元でに最大次数 を指定する.
  • SplineDegree->Automaticの設定では,多項式基底の次数は制御点の数と与えられた任意の接点系列の長さで決定される.デフォルトは各次元で次数3である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

異なるスプライン次数のBスプライン曲線:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »