SpokenString

SpokenString[expr]
expr の音声表現に対応するテキスト文字列を与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • SpokenString[expr]は数式,プログラム,グラフィックス,その他の構造に使うことができる.
  • SpokenString[HoldForm[expr]]expr の評価されずにホールドされた形の表現を与える.
  • SpokenStringは式構造の文字通りの表現ではなく,自然な言葉による音声表現を与えようとする.
  • 使用可能なオプション:
  • "ArraySizeLimit"Infinity配列の要素あるいは関数の引数の最大数
    "DetailedGraphics"Falseグラフィックスプリミティブの説明を制御
    "ExpressionDepthLimit"Infinity出力に許容される式の最大深度
    "IncludeParentheses"False部分式の区切りを制御する
    "IntegerLimit"Infinity全桁を与えられる最大の整数
    "PostProcess"TrueSpeakに含まれる特殊な書式を出力から除くかどうか
    "RealPrecisionLimit"3近似数に有効桁を何桁含ませるか
    "StringLengthLimit"Infinity文字列と記号名の最大文字数
  • はグラフィックス表現を含む全出力式のサイズを制御する.
  • 大きさを制御するオプションは出力中の厳密な要素数というより出力の部分を省略して発音し始める複雑さのレベルを指定する.
  • SpokenString["str"]は常にを返す.SpokenString[HoldForm["str"]]はオプションの影響で処理された文字列の音声表現を与える.
  • SpokenString[Unevaluated[expr]]expr のホールドされた形も与える.
バージョン 7 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »