StabilityMargins

StabilityMargins
BodePlotNyquistPlotNicholsPlot等の周波数応答プロットのオプションで,プロットに表示するゲイン余裕と位相余裕を指定する.

詳細詳細

  • StabilityMargins->Trueとするとゲイン余裕と位相余裕がプロットに表示され,StabilityMargins->Falseとするとどちらも表示されない.
  • StabilityMargins->{{fp, g}, {fg, p}}とするとゲイン余裕 g が位相交差周波数 に表示され,位相余裕 p がゲイン交差周波数 に表示される.
  • StabilityMargins->{{{fp 1, g1}, {fp 2, g2}, ...}, {{fg 1, p1}, {fg 2, p2}, ...}}とすると周波数 で余裕が表示される.
  • 交差周波数はラジアン/時間単位,ゲイン余裕は絶対値,位相余裕はラジアンで示される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

安定余裕はすべての周波数応答プロットで表示できる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

計算済みのゲイン余裕と位相余裕を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »