StateSpaceModel

StateSpaceModel[{a, b, c, d}]
状態行列 a,入力行列 b,出力行列 c,伝送行列 d の標準状態空間モデルを表す.

StateSpaceModel[{a, b, c, d, e}]
ディスクリプタ行列 e のディスクリプタ状態空間モデルを表す.

StateSpaceModel[tfm]
TransferFunctionModel tfm の状態空間実現を与える.

StateSpaceModel[{f, g}, {{x1, x10}, ...}, {{u1, u10}, ...}]
あるいは に点についてテイラー(Taylor)の線形化を行うことによって得られた状態空間モデルを与える.

StateSpaceModel[eqns, {{x1, x10}, ...}, {{u1, u10}, ...}, {g1, ...}, ]
出力 ,独立変数 の微分方程式あるいは差分方程式 eqns に点についてテイラーの線形化を行うことによって得られた状態空間モデルを与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • StateSpaceModelで,連続時間あるいは離散時間のスカラーあるいは多変量の系を表すことができる.
  • 時間遅延は,任意の行列におけるSystemsModelDelayを使うことで,任意の状態空間モデルで表すことができる.
  • 状態 ,制御入力 ,出力 である方程式系 でモデル化された連続時間系はStateSpaceModel[{a, b, c, d}]として指定できる.
  • 状態 ,制御入力 ,出力 ,サンプリング周期 である方程式系 でモデル化された離散時間系はStateSpaceModel[{a, b, c, d}, SamplingPeriod->]として指定できる.
  • 連続時間および離散時間のディスクリプタ状態空間系は次で指定することができる.
  • StateSpaceModel[{a,b,c,d,e}]
    StateSpaceModel[{a,b,c,d,e},SamplingPeriod->]
  • n 個の状態,p 個の入力および q 個の出力の系に関しては,行列 a, b, c, d, e の次元が, , , , になる.
  • 次の短縮入力を使うことができる.
  • StateSpaceModel[{a,b,c}]
    StateSpaceModel[{a,b}]
    StateSpaceModel[{a,b,c,Automatic,e}]e.x'(t)=a.x(t)+b.u(t), y(t)=c.x(t)
    StateSpaceModel[{a,b,Automatic,Automatic,e}]e.x'(t)=a.x(t)+b.u(t), y(t)=x(t)
  • 式による入力については,デフォルトの線形化点 および がゼロであるとみなされる.
  • 使用可能なオプション:
  • SamplingPeriodNoneサンプリング周期
    StateSpaceRealizationAutomatic正準実現
    DescriptorStateSpaceAutomatic標準あるいはディスクリプタ実現
    SystemsModelLabelsNone入力,出力,状態変数のラベル
  • 伝達関数モデル tfm から変換する場合は,可制御実現が使われる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (5)例 (5)

積分器の状態空間モデル:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

二次の単一入力単一出力(SISO)系:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

伝達関数オブジェクトの状態空間モデル:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

サンプリング周期が である系の状態空間モデル:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

常微分方程式集合の状態空間モデル:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 8 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »