StatusArea

StatusArea[expr, string]
マウスポインタが の現れる位置にあるときには現行ノートブックのステータスエリアに string を表示する.

詳細詳細

  • StatusArea[expr, string]は,グラフィックスでもその他の式でもよい.
  • StatusAreaを使って,PlotListPlot等の関数の曲線や点のステータス行を指定することができる.
  • StatusAreaによるステータスエリア指定は,WindowStatusAreaオプションの設定値を無効にする.
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »